NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。
理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。
現物株だと、1単元あたり数万円から数十万円なので、多くの銘柄に投資するということはできません。
一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。
それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。
投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。
プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?
取引先の銀行とのお付き合いで…ということでなければ、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。
NISAの1番特徴である非課税というのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。
できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。
参考ページ:NISAの口座は専業主婦でも作れる?【おすすめの証券会社は?】

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。
なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。
期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。
一旦売ってしまうという方法が一つあります。
あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。
他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。
NISA枠をどう使って投資をするのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAとは何かをシンプルに言うと、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。
日本では2014年にスタートして、毎年120万円の非課税枠があります。
日本に住んでいる20歳以上という条件がありますが、一人当たりひとつの口座を持つことができます。
気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。
毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。
NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。
という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。
投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。
となるとお金がないと参加は難しいですし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。
投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。
この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回変更できるようになりました。
もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。
ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。
結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。
前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。
但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。
失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。
NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。
金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。
NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAにはロールオーバー制度があります。
NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年経過後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。
NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。
ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。
とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?
取引先の銀行とのお付き合いで…ということでなければ、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。
ゆうちょや銀行などは、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。
NISAの特徴である税金を引かれないというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。
極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。
まず一つ目は、NISAの仕組みです。
NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。
このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。
期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。
一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。
あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。
株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。
割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。
FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。
NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を株式投資に回すことで、経済全体が活性化するのでは?と考えられて生まれたのだそうです。
つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。
NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。
一番有力な候補となり得るのが証券会社です。
特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。
単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。
例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックなどがある場合もあります。
投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。
NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。
毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。
枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば10万円の株を買った場合、後に10万円分売却したとしても10万円分の枠はリセットされないということです。
念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。
また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。
当初から決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。
2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。
それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?
その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。
非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。
但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。
証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。
もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。
必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。
いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。
解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?
通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。
一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。
口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。
18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。
ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

関連記事

    None Found